症状によって使い分けること

うつ病とはどんな病気なのか?

私を悩ませていたうつ病。
っというよりも、とりあえずデプロメールを服用することで、うつ病の悩みを緩和することができますが、根本的な部分は緩和出てきません。

 

そもそもですが、どうしてうつ病が起こるのかというと、精神的な部分で「イライラ、不安、憂鬱感」などが過剰に起こるからです。

 

イライラは、今の現状として起こることで、不安は先々の未来で悩むこと、そして有痛感は過去に起こったことを指します。

 

これらが段階的に深まっていくのが特徴で、最悪の場合は死に至るとも言われています。私の今の段階では、「死にたい」とまでは思いませんが、先々の事を考えると不安な要素が多いのは事実です。

 

それから、不眠、食欲の低下、頭痛、肩こりといった、精神的な部分だけでなく、身体的な部分による症状も現れるそうです。

 

人によっては身体症状が全メインに出るため、本人もうつ病だと気づかないこともあるそうです。

 

あくまでも、デプロメールは、脳内のセロトニンを増やすことで精神を落ち着かせてくれるのですが、たとえばデパスという精神薬はデプロメーロと同じような効果を発揮しつつも、頭痛や肩こりなど身体的な部分にも効果が期待できるそうです。

 

自分にとってどんな部分で悩まされているのかをしっかりと理解したうえで、薬の使い分けが重要になります。

 

 

ページの上へ