憂うつの症状について

憂鬱な気分

「うつ病」という症状の名前を聞いたことあっても、詳しい症状までは知らない人が多いのではないでしょうか?

 

簡単にいえば気分転換の一種。

 

気分が著しく損なわれる病気で、しかしその他にも、不眠や食欲不振、活動性の低下など、うつ病を発症した人でも、それぞれ異なるために、微妙に症状に違いが有ります。

 

その中でも、うつ病の中で一番多いのが気分の落ち込みです。
うつ病の代表的な症状が「憂うつ」です。

 

憂うつとは、
気分が晴れない、気が沈む、やる気がでない、ツライ、先のことを考えられないなど、ひとによって微妙に異なりますが、わけもなく涙が出たり、全くやる気が出なくなる一つの症状です。

 

人によっては、必ずしも鬱気分になるわけではありませんが、イライラしたり、怒りっぽくなったり、症状として現れることも珍しくありません。

 

イライラや怒りは特に子どもや若い人に見られるそうです。これは、脳の中で、自分をうまくコントロール出来ないことで起こってしまいます。

 

そこで、うつ病の薬としてデプロメールが処方されます。

 

ただし、気をつけなくてはいけないのが、デプロメールなどは、確かに服用することで、うつ病の症状を抑えることはできるのですが、あくまでも一時的なものです。完治させる効果はないので、気持ちを落ち着かせながらも、メンタル的な部分をどのようにしたらケアできるのかを考えながら、服用することが大切になります。

 

 

 

ページの上へ