胃から伝わってくる苦味

デプロメールの副作用「苦味」

デプロメールを服用している人なら感じたことあるかもしれません。それは、デプロメールを服用すると胃の中から伝わってくる「苦味」です。

 

SSRIなど抗うつ薬 全般に言えることですが、デプロメールの場合は、初代SSRIということもあり、かなり苦味が強いとされています。

 

最初は、「うつ状態、うつ病」を改善するために、デプロメールを服用していたんですが、かなり苦いために、「この薬で本当に改善できるのか?」「苦いだけで効果は期待できないのでは?」そんなことを思っていました。

 

でも、苦味を感じているということは、ある意味では逆に効果を感じている表れだそうです。

 

そもそもなんですが、SSRIなどの抗うつ薬の役割としてはセロトニンを増やすことです。しかし、セロトニンは脳だけでなく、様々な部分のセロトニン受容体を刺激してしまいます。

 

その中で、セロトニン受容体の内、脳内に存在するのは10%以下で、残りは他の部位に存在しています。それ以外で一番多いのが「胃、小腸」になります。

 

そのため、デプロメールなどSSRIの薬を服用することで、胃や小腸で消化されると、
セロトニン受容体のうち、脳に存在するのは10%程未満で、残り90%以上は脳以外に存在しています。
そして、脳以外で一番多いのは胃や腸などの消化管で、どうしても吐き気の副作用が起こりやすいとされています。

 

あと、デプロメールの場合、副作用が起こりやすいのは初期段階に起こりやすく、次第に治まるのが特徴です。

 

 

ページの上へ