不眠によるタイプ

睡眠障害は4つのタイプが有ります

うつ病は急に発症するわけではなく、前触れが有ります。
特に多いのが「不眠」です。

 

ストレスや憂うつなことを考えていることで、眠れなくなる。
1日や2日眠れないのは誰しもあると思いますが、1週間や2週間も続けて不眠症が続くと要注意です。

 

体の疲れだけでなく、精神的なダメージを受けてしまい、うつ病や不眠症街が起こってしまいます。

 

不眠というと、悶々として寝付けないことだと思っている人がいるかもしれませんが、不眠にもいくつかのタイプが有ります。

 

例えば、不眠症外の中で一番多いの入眠障害です。
こちら、布団に入ってから普段より2時間異常眠れない症状を言います。

 

それから、布団に入ってから、眠ることはできても、夜中に2回異常目覚めることを「中途覚醒」といいます。

 

その他にも、早朝覚醒や熟眠障害など、朝起きた時に眠れない障害があり、それぞれ、睡眠障害の中にもタイプがあるので、もし悩んでいる場合は、精神科に問い合わせること。

 

 

ページの上へ