SSRI初代デプロメール効果

SSRI初代「デプロメール」

デプロメールは、従来の三環系、四環系の抗うつ剤と違うタイプの、より選択的に作用するため、効果もよくて副作用も少ない。これがデプロメールのSSRIになります。

 

そもそもSSRIとは、選択的セロトニン再取り込み障害薬という意味で、つまり作用することでセロトニンの量を増やし、やる気や意欲を高め、「うつ状態、うつ病、不安障害」を改善してくれます。

 

抗うつ薬の三環系、四環系が利用されたのが1990年代初頭で、それ以降、SSRIが日本で利用され始めたのは1999年からです。

 

初代SSRIがフルボキサミン配合のデプロメールで、それ以降に2000年にパロキセチン、2006年にセルトラリンが発売されています。

 

一般的に病院などでは、最新の医薬品を利用されがちですが、この初代SSRIはいまだに国内外のうつ状態やうつ病の患者に利用されています。この理由として、他のSSRIの薬とは違い、セロトニン低下の症状に応じ、それ以上の容量を利用することができるからだと言われています。

 

SSRIで有名な「パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロ」は、それぞれ決められた容量があります。
パキシル40mg
ジェイゾロフト100mg
レクサプロ20mg

 

これ以上の容量を服用することで、「副作用、効果の軽減」が起こりやすいとされています。しかし、同じSSRIであるデプロメールは、1日50mgを初期用量とし、1日150mgまで増量し。そして、年齢・症状に応じて適宜増減することができます。

 

つまり、症状の強いうつ病や、精神疾患である強迫性障害など、さまざまな精神的な病気に利用できるとされ、役立ちます。

 

 

ページの上へ