デプロメールにより眠気が起こりやすい

デプロメールによる眠気

デプロメールを服用することでうつ状態、うつ病を改善してくれるのですが、副作用として「眠気」が起こりやすくなります。

 

ただし、うつ状態の症状に「不眠」が起こりやすいために、デプロメールを服用し、ぐっすりとした深い眠りを取ることができるのなら、それはそれで効果的になるとは思います。

 

基本として、デプロメールのようなSSRIの抗うつ薬の効果としては、脳内にセロトニンを増やすこと、この部分だけを期待し、利用されています。それ以外の作用、つまり睡眠に関しては副作用として扱われます。

 

では、どうしてデプロメールを服用することで、睡眠作用が起こるのでしょうか?

 

これは、デプロメールの成分であるフルボキサミンの効果によりヒスタミン受容体をブロックするからです。これを「抗ヒスタミン」と呼ばれます。

 

このヒタミン受容体が活発化すると、「興奮、刺激」が強くなり、不眠症が起こりやすいとされていますが、デプロメールにより、抑制されるために、「安心、鎮静」が強くなり、睡眠効果が高くなるわけです。

 

うつ病やうつ状態、不眠症に悩んでいる人にとっては理想的な効果になると思いますが、睡眠が起こる時間帯により、予想外のトラブルが起こりやすいために、デプロメールの服用をやめる人がいるそうです。

 

例えば、仕事をしている人がデプロメールを服用する時など。
そのため、眠気に困る場合は、朝の服用の時間帯をずらし、「昼、夜」に変更するといった、調整が必要となると思います。

 

 

ページの上へ