男性だけでなく女性に多いうつ病とは?

男性ではなく女性に多いうつ病

うつ病のイメージとしては男性に多いということを考えている人もいるかもしれませんが、そんなことはなく、女性のうつ病患者が以外に多く男性の2倍と言われています。

 

女性の場合、一生涯のうち思春期、妊娠、出産、さらには更年期といったライフサイクルの中で、女性ホルモンの酸性が激しい中で女性ホルモンの酸性が激しく変動し、それが気分の変動に大きく関係すると考えられているわけなんですね。

 

うつ病になることで、脳内の一部であるセロトニンやノルアドレナリンなどの脳内の神経伝達物質が不足しがちになります。すると、女性ホルモンの一つであるエストロゲンにはこれらの神経伝達物質の正常な働きを助ける作用があることが最近の研究でわかっているのですが、自分自身がうつ病ということに気づいていない人もいるのは事実であり、精神的な部分が落ち込んでしまうと、周りを見ない人が多く、改善をさせようということすら考えません。

 

女性特有の医学的要因としても心理的、社会的、感情的が要因なので、うつ病を招きやすくなる状況としてはいろいろとあります。

 

今までとは違った考え方をする場合、例えば、産後うつ病、閉経期のうつ病、マタニティーブルーなど、普段とは違ったことが起こる場合に、どのような対策を取れば良いのか、わからない場合に病院を頼ることがまずは重要になります。

 

 

ページの上へ